オフィスと宅配業者の大切な関係

オフィスへの宅配事業者

オフィスへの宅配事業を行っている方は案外たくさんいます。その多くは、弁当の宅配といいますか、弁当を販売にくる事業者の方々が中心です。概ね500円程度の弁当を販売に来るこれら事業者の方々は、やはり、そのオフィスに入っているテナントの購入度合をみつつ、狙ってくる場合が多いといえるでしょう。オフィスがあるといっても、実際のところ、保険会社等だけである場合は、宅配業者の方々も入りたがらないというのが現状ではないでしょうか。なぜなら、オフィスで昼食をとる可能性がきわめて低く、かつ、オフィス字体にまったく人がいないといった可能性も強いからと言えるでしょう。また、加えて、そのオフィスに入っている事業所についても研究っを重ねて来ている場合が多いといえるでしょう。大手の会社ならば、それなりに給与も高いため、央乳していただける機会もおおいと言えますが、これが中小企業や零細企業だけだと、購入率はかなり低くなるでしょう。

その理由としては、弁当などに金をかけるよりは、家で弁当をつくってきて、それを食べるといった場合が多いからと言えるのではないでしょうか。今のトレンドとして家食というのがあります。弁当までそのような形態をとられると、宅配事業者もたまったものではないでしょう。また、多くの場合は、外食産業の方々も価格を下げている傾向にあり、それらを考えれば、宅配業者の方々はほんとうに大変な時代を迎えていると言えなくはないでしょう。ただし、そんな中にあっても、健康志向を売り物にしている宅配業者や、噂の一品を販売している宅配業者等は、今後も生き残る可能性は十分に強いと考えられるでしょう。こういった店は、自社の商品を広めるために、たとえば、気の利いたチラシを作成してみたり、いろいろとオフィスの方々に声をかけてみたり、はたまた、オフィスの方々と仲良くなったりと、なかなか、優れた販売戦略を展開し、自社のビジネスにつなげているようです。

Recommend

Copyright (C)2017オフィスと宅配業者の大切な関係.All rights reserved.